E-Books

Search results 1 items

【恋愛ドリップ小説】本日のコーヒー。ショートで。〜百合と恋の花咲く場所で〜

「本日のコーヒー。ショートで。」 と告げる前にアノ娘は既にレジを打ち、 レジの液晶部には “290” の数字…。 「レシートは捨てて貰って良いですか?」 そんな、何気ない毎日の出来事ー。 ◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◆◇*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆*:;;:*◇◆ 何故、アノ娘は俺に出勤予定を教えたのか? 来てくだサインだろうか? 俺は馬鹿田大学…。 どうしたものか。(本文抜粋)

0 0
800 pt5 Left.
by 【公式】グリップグラフィックス
1