All Categories

Search results 1 items

年鑑応用時盤(2021年)

目的地の方位と出発する時間帯から運勢良化を図る最適な方法。それが「奇門遁甲(きもんとんこう)」。諸葛亮公明が奇門遁甲を駆使し、国家の意思決定に利用してきたことは自明である。吉凶となる方位判断は「年」「月」「日」「時」で行われるが、必ずしも一致するわけではない。同じ方角であって「年」では吉だが「月」では凶ということもある。その使い分けは、移動集団規模と継続期間を考慮して行われる。例えば遷都は極めて規

0 0
10,000 pt
by 海原竜輝
1