Login

Search

Cart

栄光何するものぞ(日本語吹替版)

Number of Views
130
Rating
No rating yet.
Sale Day
2019/07/10
Seller
Cinema Room
Play Time
109:35

Supported Devices

  • PC
  • iOS
  • Android

Purchase Here

Price:324pt

Put in Cart

Sample Video

Sample Images

Product Description

この作品は日本では既に著作権保護期間を終了し、パブリックドメイン(社会全体の共有財産)になっています。本作品は映像は元のまま、新たに翻訳を行い、日本語吹替えにて制作したものです。

1918年、フランス戦線後方の村にフラッグ大尉の指揮するアメリカ海兵隊L中隊が帰って来た。大尉は休暇でパリへ行く事になっていたが、なじみの酒場の娘シャルメインから、結婚してパリへ連れて行ってくれと頼まれ、すっかりクサってしまった。中隊には**出の補充兵が配属され、その教育係として曹長が赴任して来たが、何とその男は大尉の昔からの色仇であるクワートだった。大尉がひとりパリに旅立った後、曹長はシャルメインをモノにした。一方、新米の補充兵リュイゾンは村の子町娘ニコルに一目惚れし、二人は一週間で結婚を決意する。パリから帰ったフラッグ大尉は、酒場の親父からシャルメインの処置を怒鳴りこまれ、相手がクワートと知って激怒したが、この二人を結婚で縛り付けておくのも一計と、早速式を挙げさせる事になった。しかし、この時中隊に出動命令がおりて、クワートとシャルメインも、リュイゾンとニコルも、ともに結婚は一時延期になってしまった。前線では、ドイツ将校一人を捕えればそれで作戦終了という約束、そして成功したのはリュイゾンであった。だが彼は大尉から結婚許可を与えられた途端に戦死した。フラッグもクワートも今はシャルメインを忘れられず、一刻も早く村に帰って先に式を挙げようと焦るが、先ずクワートがうまい具合に負傷して護送され、病院を脱走してシャルメインを抱きかけた。この夜、フラッグも捕虜を捕えて帰還、どちらが彼女を獲得するのかのポーカー・ゲームになった…。

CAST
ジェームズ・ギャグニ―
コリンヌ・カルヴェ
ダン・ディリー
ウィリアム・デマレスト
グイレグ・ヒル

Purchase Here

Price:324pt

Put in Cart

Comment

Product Inquiries

Product Options

Create Affiliate Link

To TOP
Recommended