ログイン

検索

カート

ある被食者の独白 (行政書士の真実) 桂木 晴一

閲覧数
321
評価
評価はまだありません
販売日
2017/02/11
販売者
FC2USER-KAN-PU-CHUN
ページ数
151ページ
閲覧方法
  • PDFダウンロード
  • webブラウザ

対応デバイス

  • PC
  • iOS
  • Android
  • 電子書籍リーダー

購入はこちら

価格:300pt

カートに入れる

サンプル画像

商品の紹介

ご覧いただき、ありがとうございます。桂木晴一と申します。
-----------
これは、事実に基づいて構成された小説である。
鬱病から社会復帰するために、資格を取って開業を試みた「俺」。しかし、取得して勇んで開業してみたら、行政書士業界は「(資格詐欺+ネズミ講)×国の後ろ盾」という弱者が喰われるための構造だった。
魑魅魍魎が跋扈する資格業界。「俺」は、自分がいた行政書士業界を中心に資格業界を観察し、それが下手に「信用される」ものであるからこそそこに発生する限りなく詐欺に近い事件や、恐喝事件、政治犯罪などを冷めた目で観察する。
資格を取って有利に就職したい、あるいは転職したい方々は多いと思う。「本当にそれでいいのか?」この小説の主人公「俺」はあなたに強く問いかけるであろう。少しでも有利な仕事のために資格を、と考えている全ての人のための必読書、それがこれである!

本小説は資格ビジネス告発本でもある。「資格さえ取れば」と思っている方必見!
-----------
「有利な就職・転職、独立開業のために資格を」とお考えの方、ちょっと待った!
その考え、危ないですよと「俺」が語っています。
彼の言うことを聞いてからにしてみませんか?

購入はこちら

価格:300pt

カートに入れる
動画ビューワアプリが登場

コメント

商品関連タグ

商品問い合せ

商品オプション

アフィリエイトリンクを作成する

TOPへ